愛と幸せの暮らしに

テーマカラーは「黒・白・茶色です!!」
テーマカラーは「黒・白・茶色です!!」

テーマカラーの「黒・白・茶色」に基づき、和室の畳は奥様が決めた黒い畳になりました。この「黒い畳」、奥様以外のご主人と息子さんは見るまでとても心配だったとか…

この素敵なリビングですが、実はモニター付インターホンを取り付けたのみです。

経年の傷みから造り直しました。安全性を考え手摺を高くし、デザインはラティス(バッテン)から目線を考慮し隙間の細いタテ格子へ、さらに、新築時のように梁を延ばして片持ちにはできませんので、新たに柱を立てて支えるつくりにしました。

L型キッチンです。ここでも、奥様のこだわりが活かされテーマ通りの素敵なキッチンに仕上がりました。独立したダイニングキッチンは広く使いやすいとのこと。ただ、階段裏を覆い隠す為、一部天井が低く頭をぶつけやすいのが気がかり(担当者、藤井談)

元は在来工法の浴室で、壁には檜の板を張ってあった立派なもの。但し、残念ながら経年の劣化から檜の壁は一部に水腐れ、土台が傷んでいることも心配でした…そしてユニットバスを設置。テーマの(黒・白・茶色)通りに出来上がりました。

設備機器は全てLIXIL(リクシル)の商品です。新宿にあるショールームへは、度々足を運んでいただきました。この洗面化粧台の特徴は、蛇口やそのハンドルが洗面の上部に付いていて汚れにくくなっています。

1階と2階の2か所にあるトイレですが、2階はタンクレスで1階はタンク式です。なぜ?奥様の下調べ知識により、もしもの時にタンクレスは使用できなくなるのでとのこと…さすがです。

このお家は、外も中もとても素敵な「おうち」です。S様のテーマカラー(黒・白・茶色)がしっかり生かされた外壁塗装が出来ました。白い壁に使用した塗料のシンナー臭が強く、近隣の方にはご迷惑を掛けてしまい申し訳ありませんでした。

東京都世田谷区在住T様の事例紹介

T様ご家族は購入された「おうち」をとても気に入っていて、そのお家を「質実剛健」と表現されました。その雰囲気(テーマカラ―)に合わせた新しいキッチンやユニットバスへの色遣い。それはもう、工事が終わった瞬間にお家に馴染んでしまいました。「さすがですね」お引越し後の感想:ご主人「さむい!ははは」そんなご主人へ奥様「もっと良い感想を…」T様ご家族との出会いは担当者(藤井)の宝物とのこと。

リフォームのきっかけ
  • 物件購入に伴うリフォーム
  • 設備の老朽化
リフォーム箇所
キッチン
風呂
洗面
トイレ
和室
ベランダ・バルコニー
費用
640万円
種別
一戸建て
築年数
27年
工事面積
95.22㎡
工期
22日間
所在地
東京都
ご家族構成
ご夫婦+お子さま
担当者のコメント
テーマカラーは「黒・白・茶色です!!」

T様は、当社の仲介により物件購入。前のお住まいでは、映画と文学書が大好きなご主人が長年ため込んだ本・ビデオ・DVDに占領され人間がその隙間で暮らすありさまだったとか。物件探しの条件は、「本がしまえる家を探して」ということでした。そして出会えた物件と「仕事ができる・・・」と紹介された藤井です…。やってしまったエピソードが2~3回ありますが、とても勉強になりました。そして、奥様の素晴らしい才能に驚き、ご主人の優しさに感動いたしました。

リフォーム東京 藤井 保勝
他の戸建ての
リフォームを見る
リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

お部屋の壁に向いて設置される「壁付けキッチン」。対面式キッチンが主流となっていますが、対面式キッチンも根強い人気があります。今回は壁付けキッチンの魅力について、実例とともにお伝えします。

中古のマンションや一戸建てを購入してリノベーションをしたい方に向けて、リノベーションに適した物件のチェックポイントを解説します。

初めて経験するリフォームはわからないことだらけ。「どのくらい前から相談するべき?」「購入も考えている場合リフォーム会社探しはいつから始める?」そんなリフォームのスケジュール感についてお伝えします。

手洗いの大切さが再認識されたことで、注目が集まっているのが手洗い場、洗面室です。今回は、「今、洗面をリフォームするなら?」という視点から洗面空間のリフォームについて、リフォーム事例を交えてご案内します。

テーマカラーは「黒・白・茶色です!!」