愛と幸せの暮らしに

築36年の「まるで新築リフォーム」。 暖かみあふれる「ヨーロッパの片田舎風」の家に!
築36年の「まるで新築リフォーム」。
暖かみあふれる「ヨーロッパの片田舎風」の家に!

床は重厚感のあるオーク素材に。わざと傷をつけたような仕様はアンティーク調の空間に馴染ませるための工夫。 リビングの一角には「大正ロマン」をイメージした畳スペースを設置。畳の下には収納スペースを設け使い勝手にも配慮している。

テラコッタ風のタイルが南欧風の雰囲気を感じさせるテラス。眺めもよく窓を開ければ爽やかな風が吹きぬけ、ティータイムには最適な場所となった。

白と茶でまとめられたキッチンは施主様お気に入りの写真を元にフルオーダーで造りあげたもの。 収納スペースを大幅に確保するとともに、オシャレに「見せる収納」とすることでコストカットを図った。

浴室・パウダールーム・トイレは使いやすさを追求して一カ所にまとめました。壁の飾りや鏡にもさりげないこだわりが。

ベッドルームはお仕事用のカメラ機材やご趣味の楽器も収納できるよう大容量の収納を設けた。主寝室の横にはウォークインクローゼット、壁には一面の本棚が配置されている。

素焼き風のオレンジ色の外観は暖かみのある「ヨーロッパの片田舎」がうまく表現されている。木製のドアや窓の形状など細部にまでこだわりが窺える。

神戸市K邸の事例紹介
中古購入した築36年の戸建てを「まるで新築のリフォーム」。

以前より抱いていた「ヨーロッパの片田舎風」の家に住みたいという夢を実現するため、リフォームを前提に中古住宅を探すことにしました。物件探しからローンの相談、さらに具体的でわかりやすいリフォーム提案であったことが決め手となり依頼しました。
熱心な職人さんの手によって作り上げられた家は納得のいく仕上がり。想い描いていた夢が実現しました。今ではテラスで過ごすティータイムがとてもお気に入りです。

リフォームのきっかけ
  • 「ヨーロッパの片田舎風」の家に住みたい。
  • リフォームを前提に築36年の戸建てを購入。
リフォーム箇所
リビング
キッチン
風呂
洗面
トイレ
和室
洋室
玄関・ドア
外壁・屋根
外構・エクステリア
費用
1,230万円
種別
戸建て
築年数
36年
間取り
4LDK→3LDK
工事面積
83.0m² (25.1坪)
工期
60日間
所在地
兵庫県
ご家族構成
ご主人・奥さま
担当者のコメント
ご希望のデザインイメージを大切にし、安全性にも配慮。

こちらの施主様は、ご主人が船のデザイナー、奥さまがカメラマンというクリエイティブなお仕事をなさっているご夫婦。それ故に住まいへのこだわりは強く、デザインに対し明確なイメージをお持ちでした。
そこで施主様のイメージの実現を最大の目標とし素朴で暖かみのある空間の再現に努めました。
また同時に、耐久面にも重きを置き、床下の防蟻・防腐処理や耐震強度の強化を行い快適で安心して暮らしていただける住まい造りを目指しました。

神戸支店 リフォームプランナー
Before After
Before
After
リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

ライフスタイルに変化が訪れる50代前後はリフォームをするのにぴったりなタイミング。大人世代のリフォームがオススメな理由と、実際に50代でリフォームをした方の事例をご紹介します。

窓辺にはカーテンが付き物だと思っていませんか?カーテン以外にも窓辺の装飾は意外とバリエーションがあるんです。今日はその窓辺の装飾、ウィンドウトリートメントをご紹介します。

日本人は靴を脱いで生活しますが、世界的に見れば靴を脱いで生活する国はごく少数です。日本の住宅はどうして靴を脱いで上がるのでしょう。

コンクリートの質感ってクールでかっこいいですよね。リフォームやリノベーションでも「コンクリート現し」を取り入れる方が多くいらっしゃいます。

築36年の「まるで新築リフォーム」。 暖かみあふれる「ヨーロッパの片田舎風」の家に!