愛と幸せの暮らしに

白を基調とした良質感ただよう空間づくり
白を基調とした良質感ただよう空間づくり

ナチュラルブラウンでまとめられていた内装の床壁、天井全てをホワイト系に一新。シャンデリアやロココ調の調度品が似合うエレガントな空間となりました。

以前よりも広く、そして明るく感じるリビング。差し込む陽射しまでもが柔らかく優美に感じられます。

エントランスホールからリビングへと続く扉は、オーダーもの。金の細工が施されたガラスが嵌め込まれた真っ白な扉は、この先に素敵な空間が広がっていることを予感させます。

2階に設けられた洋室も内装をホワイト系でまとめイノセントな印象に。

洋室のクローゼットには棚を造作しました。CD、DVDなどかさばりがちなものを収納できる幅ですのでお部屋をすっきりと使えます。

以前の洗面はユニットタイプでしたが、リフォームをするにあたり「オリジナリティーを出したい」という想いからこだわられた洗面。デザイン性を追求しながらも水のはなかえりなど実用面にも配慮しています。

ピンクでまとめられたトイレですが、壁紙はエレガントな柄を採用したため、可愛くなりすぎず華やぎのある空間となりました。

東京都在住N様の事例紹介

築12年の一戸建てを白を基調としたフレンチスタイルにリフォームしました。インテリアがお好きなお嬢様のご希望で「白を基調」「ロココ調」そして「良質感」をキーポイントに、内装をホワイト系で一新。視覚的な広がりが生まれました。また、「こだわる部分とそうでない部分」を明確にすることで「良質感」を大事にしながらもコストダウンも実現しています。

リフォームのきっかけ
  • ブラウンばかりの内装をガラリと変えたい。
リフォーム箇所
リビング
洗面
トイレ
洋室
玄関・ドア
階段
外構・エクステリア
費用
757万円
種別
一戸建て
築年数
12年
間取り
4LDK
工事面積
103.5㎡
所在地
東京都
担当者からの
コメント
イメージの共有がリフォーム成功の鍵でした。

N様は理想のお住まいについてのイメージがハッキリとされており、イメージに近いインテリアのお写真などをご提示いただきご要望をお伝えいただきました。こちらも壁紙のサンプルなどを取り寄せ、なるべく素材感が伝わるようイメージを共有できるように努めました。また、こだわる部分とそうでない部分を明確にしてくださったため、積み重ねていくリフォームが実現できました。

リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

窓辺にはカーテンが付き物だと思っていませんか?カーテン以外にも窓辺の装飾は意外とバリエーションがあるんです。今日はその窓辺の装飾、ウィンドウトリートメントをご紹介します。

日本人は靴を脱いで生活しますが、世界的に見れば靴を脱いで生活する国はごく少数です。日本の住宅はどうして靴を脱いで上がるのでしょう。

コンクリートの質感ってクールでかっこいいですよね。リフォームやリノベーションでも「コンクリート現し」を取り入れる方が多くいらっしゃいます。

花粉や強風、雨など洗濯物を外に干せない理由はいろいろあります。リフォームで室内干し環境を整えて、快適にお洗濯を楽しみましょう!

白を基調とした良質感ただよう空間づくり