愛と幸せの暮らしに

リノベーションで大胆に間取り変更。 室内窓を風が通り抜ける心地よい住まい
リノベーションで大胆に間取り変更。
室内窓を風が通り抜ける心地よい住まい

日差しがたっぷりと差し込むあたたかなリビングダイニング。リビングに入る光や風は隣の洋室との間仕切り壁に設けた大きな室内窓を通り、住まいの奥まで届きます。床や棚板に選んだダークブラウンの木目や、ポイント使いしたブラックのカラーでスタイリッシュで落ち着いた空間をデザインしました。キッチンの位置を変更するにあたり勾配を取るためお住まいの床を10センチ上げたのですが、同時に天井も解体し可能な限り天井高を確保しました。

キッチンは壁付けから対面に変更。
開放感のあるアイランド型にすることで抜け感が出て、リビング入口の通路も圧迫感を感じません。
奥様のご希望でガスコンロは高火力で使えてビジュアルも格好良いノーリツの+doを採用。ゴトクがフラットで鍋移動がしやすいこともメリットです。
また、食洗機はドイツのメーカーミーレの製品を組み込みました。

キッチンから直接アクセスできる洗面室は、家事効率だけでなく、デザイン性にもこだわりました。壁はダークグレーと白いレンガ調のクロスのツートーンで仕上げホテルライクな空間に。排水ホースを造作のカバーで隠し見え方にも配慮しています。

バスルームはおそうじのしやすさ重視。汚れのつきにくい浴槽に、きれい除菌水を発射し自動で床をきれいにおそうじしてくれる床ワイパー洗浄で毎日のお手入れがぐっと楽になります。

丸みを帯びたフォルムのトイレにクローバーの総柄クロスが優しい雰囲気のトイレ。S様のご要望によりタンクレストイレと手洗いキャビネットを設置しました。奥行きをたっぷりと取ったことでゆったりと使用することができます。

家の中央にある2部屋の洋室は、換気がしっかりできるようにそれぞれ室内窓と回転通気窓を付けました。また、お部屋の奥には大容量のクローゼット。梁に配慮し空間を余すことなく収納に使えるように設計をしました。

玄関は土間を横に大きく取り、収納空間も兼ねた広々空間に。自転車を置いたり、届いた荷物や日用品を置く空間としてフレキシブルに活躍してくれそうです。ロールスクリーンを降ろせば気になる視線もカットすることができます。床には大判のイタリアンタイルを敷き込みシックで上質感ある空間に仕上げました。

東京都S様の事例紹介

暮らし始めてから20年以上が経ち、マンションも築40年に差し掛かるタイミングで、老朽化が心配だった配管や電気などのインフラを含めて全てを一新するリノベーションを行ったS様。
間取りを変更し、お子さまのお部屋も用意したいとのことでS様のご要望を伺いながら、間取りを一からプランニングしていきました。
バルコニーに面したスペースを全てリビングダイニングに充て、L字型のリビングダイニングを創造。リビングと隣接する洋室との間仕切り壁に室内窓を設置することで洋室の通気性も確保しました。
また、玄関は収納空間も兼ねた広い土間スペースに。土間スペース横の壁にも室内窓を設け、光や風がベランダから共用廊下へ一直線に抜けるようにしています。
室内はダークグレーやブラックの色を効果的に使いながらも、採光が確保しづらいバス・トイレや洋室部分は明るい色合いでまとめ、リビングはダークブラウンを使用しシックに仕上げるなどメリハリある空間となりました。

リフォームのきっかけ
  • 住まいの老朽化
リフォーム箇所
リビング
キッチン
風呂
洗面
トイレ
和室
洋室
玄関・ドア
収納・押入
費用
1470万円
種別
マンション
築年数
40年
間取り
2LDK
工事面積
65.52㎡
工期
75日間
所在地
東京都
ご家族構成
ご夫婦+子ども1人
Before

ベランダ側に洋室とリビングダイニングが並び、共用廊下側にもう1部屋がある典型的な2LDKの間取り。キッチンは奥まった位置にあり閉塞感がありました。

After

ベランダに面したスペースを全てリビングダイニングに。キッチンはアイランド型に変更して、リビングダイニングを見渡せるようになりました。

リフォーム体験談

リフォームをするきっかけのお話から、リフォーム中のこと、そして住んでみた実際のところ。
リフォーム後のお客様をご訪問し、たっぷりとお話を伺いました。

お客様の感想

今回、これまで手をつけてこなかった排水管や電気系統を含めて根本的にリフォームをしたいと思っていました。
担当の方は住宅の基礎の部分に対する知識も豊富で安心しておまかせができました。プランに関してもプロならではの発想と的確なアドバイスでフォローしていただき、完成まで導いていただきました。

担当者のコメント
土間収納のある心地よい家族団らん住宅

この程、ご対応させて頂きましたS様のご要望をまとめるには、発想の展開が必要な現場でした。既存の電気温水器があったのですが、一度下階への漏水があったとお話を伺い、早急な対応が必要と感じました。建物の築年数から見ても給排水管の老朽化が進行しており、配管改善もご相談内容の優先順位が高い内容でした。また、ご家族団らんの中心であるキッチンも壁に囲まれ閉塞感を感じたのが第一印象で、床の段差等安全面も改善しないとならないと感じました。

閉塞感を感じたキッチンはアイランド型にすることで、家族団欒をする場所としてダイニングとリビングを一望できる配置としました。床は大型タイルを貼り高級感をご提案。当初キッチン部分は段差が発生する可能性もありましたが、最終的にはフラットな床を構築できました。

今回のリフォーム工事の改善ポイントは、収納力についてでした。「自転車を室内に収納したい」「収納力を大きくしたい」とS様よりご要望いただき、土間収納の設置で、季節物等使用頻度の低い物は土間収納で管理し、室内収納は必要なもので管理を行うようにご提案しプランニングを行いました。
また、洋室2部屋のクローゼットも壁寸最大で造作し、壁面全部が収納になるように設計を行い、梁部分も中棚とハンガーパイプを利用することで収納力改善を行いました。そのほかの部分に関しても壁に金物を見せない収納棚を設置、TVボードや書籍棚に活用できるようご提案を行い、すっきりとしたDESIGNに仕上げました。

S様のご意向に寄り添ったシンプルと使い勝手を兼ね備えたリフォーム工事を終える事ができました。ご担当させて頂き、誠にありがとうございました。

リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

リビングを広く取りたい。だけどお部屋もほしい。という一見相反する望みを叶えてくれるのが間仕切り建具です。今回は引き戸に着目してその魅力をお伝えします。

「収納力が格段に上がる」という大がかりなリフォームではないけれど、「あったらいいかも!」「真似したい!」という収納アイディアリフォームについてご紹介します。

玄関はいつでも綺麗にしておきたいスペースですが、マイナスなお悩みを抱えがちな場所でもあります。今回は玄関まわりに焦点を当て、快適な玄関まわりを実現した事例をポイントとともにご紹介します。

リフォームでカフェスタイルの空間をはじめインテリア性の高い空間を目指す方にぜひ取り入れていただきたいのがダクトレールを使った照明です。ダクトレールを使うことで照明の幅が広がり、雰囲気のある空間をつくることができます。

リノベーションで大胆に間取り変更。 室内窓を風が通り抜ける心地よい住まい