愛と幸せの暮らしに

賃貸物件とは思えない、カフェ風×インダストリアル空間
賃貸物件とは思えない、カフェ風×インダストリアル空間

閉鎖的な縦長の間取りですが、間仕切り壁に『ガラスブロック』をはめ込み、折れ戸タイプの開閉間仕切壁を設置することで閉鎖感を解消できました。また、照明用のダクトレール及び照明器具を黒で統一し、存在感を出しました。少し器具を付け過ぎた感が有り、照明のショールームみたいとも言われております。

A様の希望によりキッチンを大移動(ゲルマン民族じゃあるまいし)。工事する側としては提案しにくい大移動です。そしてできた逞しいスパイラルのダクト配管。この配管は新しいキッチンから廊下をまたぎそしてWICを突き抜け、元の外壁スリーブへ戻り(里帰り)排気しております。

リビングとの間にガラスブロックをはめ込み光を通す工夫をしました。隣の洋室の間には室内窓を設け、空気が流れるようになっています。

洋室隣のウォークインクローゼット(WIC)。特にマンションでは収納不足がささやかれていますが、ここでもA様のこだわりから、延床面積から考えるととても大胆なWIC、その他の収納と合わせると荷物の多い方でも安心ですね。

各所に室内タイルを貼りましたが、元々ここにお住まいだったA様、洗面脱衣場に湿気がこもりカビやすい事を気にかけて、湿気対策として室内調湿タイルLIXILエコカラットをふんだんに貼りました。

ここでも壁には室内タイルのエコカラットを貼り、湿気や臭い対策もばっちりですが…ユニットバスを頑張って大きくし過ぎて少し狭くなってしまいました。でも、十分許容範囲の広さは確保していますので問題なし。広すぎて落ち着かないよりは、個室として落ち着けると思います。

専有面積から考えると、ゆったりすぎるほどの広さを持ったバスルームです。男性の方でも足を伸ばして入浴していただけます。

収納前の壁にも室内タイルのエコカラットと姿見の大鏡を貼りました。素敵なエコカラットに挟まれた鏡に映る素敵な自分を確認してお出かけが出来ますよ。なんちゃって!

コンクリート現し仕上げ(白で塗装)、むき出しの排気管、壁のサブウェイタイルなどインダルトリアルな雰囲気たっぷりの廊下まわりです。

東京都A様の事例紹介

2018年2月上旬A様(施主)と現地打ち合わせ。元々お持ちだった物件を賃貸に出すためのリフォームで、他業者によりある程度出来上がっている状態からの引継ぎ工事です。工事も急いでいて、3月中の完成が希望との事でした。受けたは良いが大変忙しい時期で非常に不安でしたが、工事は始まりました。外壁側の壁への断熱材、間仕切り開閉壁、クローゼット扉そして収納関係等を取り付ける大工の手配が出来ず、大変苦労しました。その為、電気配線及び照明設置、クロス貼り、エコカラット貼り、水道設置(トイレ、化粧台取付け)、キッチンと給湯器の配線接続等各職入り乱れての大奮闘合戦となりました。

リフォームのきっかけ
  • 賃貸用投資物件
リフォーム箇所
リビング
キッチン
風呂
洗面
トイレ
洋室
玄関・ドア
費用
262万円
種別
マンション
築年数
37年
間取り
2LDK
工事面積
59.27㎡
工期
実働31日
所在地
東京都
ご家族構成
賃貸用
Before
After
担当者のコメント
引継ぎ工事だよ全員集合

藤井です。この工事を行った時期はとても忙しい時で、職人の手配が一番の問題でした。協力業者の皆さんも大変忙しいなかで、私のお願いに対し相当無理をして施工にあたってくれました。私も工事中は毎日現場管理に足を運びました。みんなの協力の結果手直しは多くありましたが、何とかA様の思惑『分譲マンションに憧れている人を中毒にしてやろうと思った』に応えられたのではないでしょうか。

リフォーム東京 藤井 保勝
他のマンションの
リフォームを見る
リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

初めて経験するリフォームはわからないことだらけ。「どのくらい前から相談するべき?」「購入も考えている場合リフォーム会社探しはいつから始める?」そんなリフォームのスケジュール感についてお伝えします。

手洗いの大切さが再認識されたことで、注目が集まっているのが手洗い場、洗面室です。今回は、「今、洗面をリフォームするなら?」という視点から洗面空間のリフォームについて、リフォーム事例を交えてご案内します。

「暮らしやすい住まい」とはどのようなものでしょう。私たち朝日住宅リフォームは、リフォームを通じて皆さまに暮らしやすさをご提案させていただきます。

ワークスペースの需要がとても高まっています。みなさんも仕事環境を見直し、集中できるワークスペースづくりをご検討してみませんか。

賃貸物件とは思えない、カフェ風×インダストリアル空間