愛と幸せの暮らしに

既存を活かし、RE・design シックなカラーで魅せる都市型高級タワーマンション仕様の空間
既存を活かし、RE・design
シックなカラーで魅せる都市型高級タワーマンション仕様の空間

梁下に貼られたグレーのアクセントクロスが落ち着いた空間を演出するリビングダイニング。ダイニングカウンター下はタイルにしたいとY様よりご要望いただきましたが、予算の都合上サブウェイタイル風のクロスを貼りました。黒いカウンターと相まってとてもかっこいい仕上がりで、リビングダイニングでもその存在感が際立っています。

リビング部分の照明はシーリングではなくライティングレールを設置し、お部屋全体がシックに仕上がりました。

リビングと洋室を間仕切る3枚スライドドアは、当初黒のフレームをご希望されていましたが、工期短縮で既製品のシルバーフレームに黒のダイノックシートを施工し、ご希望色に仕上げました。

キッチンの位置を90度動かし、リビングと対面に変更しました。コンロ廻りの壁だけを残して、I型のTOTOのザ・クラッソを設置しました。カウンター部分は旦那様のこだわりでTOTO独自のクリスタルカウンターを選択。すりガラスのような透明感が魅力のカウンターと扉のブラック系のお色でメリハリの効いたキッチンになりました。
また、既存の配管に問題があり、急遽キッチン周りだけ床を上げることになりましたが、一段上がったことによりバーカウンターのような雰囲気が出ておしゃれな空間になりました。

ご夫婦ともに背が高いY様のこだわりでキッチンの高さは通常より少し高めの90センチに。以前お住まいだったお家のキッチンが低く腰に負担がかかっていたそうで、「高さを上げたことで身体も楽になったし使い勝手も全然違う!」とお喜びの声をいただきました。

奥様の趣味である本が相当あり、壁面に本棚を設置しました。固定棚は南海プライウッドのリビアスを選択、6段棚を施工したくさんの蔵書に対応できるように提案しました。板の長さが2mを超えていても棚受けがいらない為、蔵書本も多く収納できます。棚裏にアクセントクロスを貼ったことでよりデザイン性を感じさせる本棚になりました。

洋室には室内干しのために物干しを取り付けました。ブラックの色で丸みのない直線的なデザインは空間の雰囲気を損ねません。

廊下側のコーナー部分にあった収納や飾り棚を解体し、その分の面積を洗面室に取り込みました。そのため、洗面台に加えてトール収納も設置することができ、収納の少なさが改善されました。また、洗濯機上部に洗剤を置けるように棚を取り付けました。
設備は「ホテル感」を意識して大きめのものを入れたいというご要望によりTOTOオクターブとトール収納を設置しました。石目調の床もホテルのような上質感を感じさせる要素になっています。

「お風呂は広くしたい」という旦那様のご要望により、浴室は足を伸ばして入浴できるように既存ユニットバス1218サイズから1418サイズにインチアップ。TOTO/WYのK型を設置しました。水のイオンを電気分解して作られるきれい除菌水が噴射される床ワイパーシステムを採用、掃除の負担が軽減され共働きのお家には嬉しい機能です。

トイレの位置は変えず、商品を交換しました。TOTOピュアレストQR+ウォシュレットアプリコットを設置。グレーのアクセントクロスとベージュのクッションフロアが品の良い仕上がりで、明るすぎずバランスよい空間になりました。

玄関収納を交換し、小物を置けるようにコの字形の収納を設置。玄関土間はグレーのフロアタイルで仕上げました。

東京都練馬区Y様の事例紹介

ご結婚を機に、中古マンションを購入しリフォーム計画をされていたY様ご夫婦。最初は他社にて検討されていましたが契約前に躊躇され、当社にご相談をいただきました。
間取りは洋室3室を含む3LDKをそのまま活かし、一部内装ドアも既存の状態を残した他はほぼフルリフォームの工事です。
Y様は高級感のある落ち着いた室内デザインをお好みでしたので、都市型高級タワーマンションをイメージし、グレーやブラックなどシックな色味を取り入れた空間をご提案。住宅設備に関してもデザイン性・機能性ともにグレードの高い設備を選択いただだきました。
フォーカルポイントとなっているのはリビングに隣接する洋室に新設したオープンブックシェルフです。壁面を贅沢に使い見た目にも美しい収納に。都会のくつろぎを感じさせる空間が完成しました。

リフォームのきっかけ
  • ご結婚
  • 中古物件購入に伴うリフォーム
リフォーム箇所
リビング
キッチン
風呂
洗面
トイレ
洋室
玄関・ドア
収納・押入
費用
945万円
種別
マンション
築年数
24年
間取り
3LDK
工事面積
68㎡
工期
40日間
所在地
東京都
ご家族構成
ご夫婦
Before
After

3LDKの間取りは大きく変えずに、閉鎖的だったキッチンやリビング横の洋室の壁を壊し空間を開放。また、廊下にあった収納をなくし洗面室の面積を広げました。

お客様の感想

私達の要望をよく聞いた上で、自分事のように考えてくれ好みにぴったり合うものを提案してくれました。お任せした部分が多かったのですが、提案があるお2人のおかげで想像以上の仕上がりとなり大満足です。
おかげさまでお客様にもとても好評で、みんな素直に感動してくれるので嬉しいですね。朝日住宅リフォームさんにお願いして本当によかったと思っています。

担当者のコメント
短期決戦のリフォーム
解体後にわかること

見積提出後Y様から電話があり、その日すぐに打ち合わせの時間を頂き、工事まで段取りを早々にして頂いてとても感謝してます。ご夫婦共に忙しい中、ご夫婦の意見を確認しながら納まりはこれがいいですよ。とお話がしっかりでき、バタバタしてしまいましたが、期間内に納めることができました。 水廻解体して確認できたことは既存の配管が逆勾配になっていた事。通常配管の水やお湯は逆流しないようにパイプスペースに向かって傾斜をつけないといけない(=勾配をとる)のですが、勾配をとる為に床を上げないといけなくなってしまいました。解体をしないとわからないことは多くあるので、解体後の打ち合わせはとても大事になります。キッチン部分の床が上がりましたが、段差がついたことによって、よりおしゃれな空間になりました。デメリットはメリットに変えて対応できお施主様も喜んで頂けて嬉しい限りです。

北村充正・澁谷優
Before After
Before

【リビングダイニング】

After

Before
After
Before

【キッチン】

After

Before

【トイレ】

After

Before

【洗面室】

After

Before

【浴室】

After

Before

【玄関~廊下 】

After

リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

リフォームでカフェスタイルの空間をはじめインテリア性の高い空間を目指す方にぜひ取り入れていただきたいのがダクトレールを使った照明です。ダクトレールを使うことで照明の幅が広がり、雰囲気のある空間をつくることができます。

タンクレストイレが普及したことで、トイレの手洗いについての選択肢も広がっています。今回はトイレの手洗いスペースについてどんな選択肢があるのか、その特徴についてご案内します。

ドア・扉はお部屋のよいアクセントにもなりますし、床などとコーディネートすることで空間の統一感も高まります。今回は扉がリフォームのポイントとなった、素敵な扉のリフォーム事例を集めました。

お部屋の壁に向いて設置される「壁付けキッチン」。対面式キッチンが主流となっていますが、壁付けキッチンも根強い人気があります。今回は壁付けキッチンの魅力について、実例とともにお伝えします。

既存を活かし、RE・design シックなカラーで魅せる都市型高級タワーマンション仕様の空間