愛と幸せの暮らしに

二人は仲良し「They are on good terms」
二人は仲良し「They are on good terms」

今回のテーマとなったキッチンプランを含むメイン工事箇所です。キッチンの天井を高くできるかどうか、廊下の天井にある点検口から、首を長く伸ばしキッチンの天井裏を覗いて見ました。「Oh-難しいかな…」ところが壁を取り天井を落とし、解体を進めていくと活路が見え、結果は喜んでいただけるものとなりました。

床は最近よく使う「ナオステック」の増し貼りフローリングです。突板では無くシート貼りですが大変良くできています。しかも、ふあふあの遮音フローリングへも施工OKで、さらには床暖房へも対応しています。リフォーム屋の私にとって、そりゃもう大変重宝なフローリングです。

世界一のトイレメーカー(私はそう信じております)TOTOのネオレストを入れました。当初は同じTOTOの良くある商品でした。が…実は奥様は大変なトイレ好き!かなりコストアップになりましたが、とても優しいご主人は笑顔で「OK」めでたしめでたしとなりました。…それにしてもTOTOさんはネオレストを安くしてくれないよなァ

廊下の壁に有孔ボードを取り付けました。実はわたしが有孔ボードの存在を知ったのは、つい最近の事で他のお客様より教えていただきました。目から鱗状態で「素晴らし」と感心したものです。大変便利でしかもインテリアとしても言うことなし、こちらも喜んでもらえました。

東京都墨田区K様の事例紹介

既存のキッチンスペースは、狭い空間にコンパクトにまとめられた造りで閉鎖的、しかも天井はマンションの宿命とも言えるダクト配管の関係上、低くなっておりました。そこで私に与えられた今回のテーマは「二人で一緒に作業ができる開放的なキッチンスペース」でありました。

K様ご夫婦と担当藤井
リフォームのきっかけ
  • 住み替えに伴うリフォーム
リフォーム箇所
リビング
キッチン
トイレ
玄関・ドア
費用
341万円
種別
マンション
築年数
16年
間取り
1LDK
工事面積
55.14㎡
工期
20日
所在地
東京都
ご家族構成
ご夫婦
リフォーム体験談

リフォームをするきっかけのお話から、リフォーム中のこと、そして住んでみた実際のところ。
リフォーム後のお客様をご訪問し、たっぷりとお話を伺いました。

担当者のコメント
 

当初は、ここまで大がかりにキッチンを変える予定では無かったはずです。なぜ、ここまでオープンなキッチンになったのかを考えてみると「二人は仲良し」この言葉に尽きるようです。既存のままでは、二人がいっしょにキッチンに立つことは無理で、仲の良い二人にとって必然的な結果だったのではないかと思います。
I hope for your happiness.

リフォーム東京 藤井 保勝
Before After
Before

リビング

After

Before

キッチン

After

Before

トイレ

After

他のマンションの
リフォームを見る
リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

リビングを広く取りたい。だけどお部屋もほしい。という一見相反する望みを叶えてくれるのが間仕切り建具です。今回は引き戸に着目してその魅力をお伝えします。

「収納力が格段に上がる」という大がかりなリフォームではないけれど、「あったらいいかも!」「真似したい!」という収納アイディアリフォームについてご紹介します。

玄関はいつでも綺麗にしておきたいスペースですが、マイナスなお悩みを抱えがちな場所でもあります。今回は玄関まわりに焦点を当て、快適な玄関まわりを実現した事例をポイントとともにご紹介します。

リフォームでカフェスタイルの空間をはじめインテリア性の高い空間を目指す方にぜひ取り入れていただきたいのがダクトレールを使った照明です。ダクトレールを使うことで照明の幅が広がり、雰囲気のある空間をつくることができます。

二人は仲良し「They are on good terms」