愛と幸せの暮らしに

和風の良さをくつろぎの館でおもてなし
和風の良さをくつろぎの館でおもてなし

窓は障子を新設し、床の間の間にあるリビングで和を強調しました。収納部分の襖紙はデザイナーズ障子を使用し赤をアクセントにしたビビットな感じに仕上げました。

明るく広々としたリビングはフローリングで、天井も板張りの目透し天井です。照明はシーリングではなく角型のダウンライトを採用しました。

リビングの収納部には梅花に鮮やかな赤が映えるデザイン性の高い襖を。上部には漆塗りのような深い赤が印象的なエアコンを取り付けました。

ダイニングには床脇を設置して壁に麻の柄をモチーフとしたアクセントクロスを貼り、和のイメージを演出しました。また、梁型を利用して天袋風に施工してみました。

キッチン前タイルは麻の葉の格子柄デザインにして床は御影石とし和のイメージを演出しました。

廊下は足ざわりのよい畳敷し、天井は網代風にして和風旅館の廊下を演出しました。

前室+6帖の和室は深みのある情熱的なRed。色味を抑えたモダンな空間を演出しました。出入り口と間仕切りには障子を使用し、6帖と前室との下がり壁には抜け感のある欄間を使用し前室との一体感を出しました。

コンパクトでスタイリッシュな浴室空間でバスライフをより快適にしました。パネルは木調・白木調で和風テイストにしました。

トイレの色をブラックにして少しおしゃれに仕上げました。

出入り口は下がり壁を設けくぐり戸的な感じにしました。洗面化粧台はシンプルで使い勝手の良いものを機能重視で選びました。

スイッチは真鍮のトグルスイッチを使用してレトロなイメージを演出しました。

東京都杉並区M様の事例紹介

ゲストハウスとしての利用を想定し、「和」をベースにくつろいだ空間を演出して欲しいとのご要望をいただき築48年の老朽化したマンションをリフォームさせていただきました。

リフォームのきっかけ
  • 築48年と老朽化したマンションをゲストハウスへ
リフォーム箇所
リビング
キッチン
風呂
洗面
トイレ
和室
玄関・ドア
収納・押入
費用
762万円
種別
マンション
築年数
48年
間取り
1LDK
工事面積
64.73㎡
工期
70日間
所在地
東京都
ご家族構成
ゲストハウス
担当者のコメント
和と洋くつろぎの館で幸せなひと時を

和をベースにくつろいだ空間を演出して欲しいとのご要望でお客様のイメージをつかむまで約4か月を要しました。欄間・床の間・違い棚・襖紙・コンセントに至るまで細部にこだわりのある住まいになりました。

リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

お部屋の壁に向いて設置される「壁付けキッチン」。対面式キッチンが主流となっていますが、対面式キッチンも根強い人気があります。今回は壁付けキッチンの魅力について、実例とともにお伝えします。

中古のマンションや一戸建てを購入してリノベーションをしたい方に向けて、リノベーションに適した物件のチェックポイントを解説します。

初めて経験するリフォームはわからないことだらけ。「どのくらい前から相談するべき?」「購入も考えている場合リフォーム会社探しはいつから始める?」そんなリフォームのスケジュール感についてお伝えします。

手洗いの大切さが再認識されたことで、注目が集まっているのが手洗い場、洗面室です。今回は、「今、洗面をリフォームするなら?」という視点から洗面空間のリフォームについて、リフォーム事例を交えてご案内します。

和風の良さをくつろぎの館でおもてなし