愛と幸せの暮らしに

デザインを追及した中古マンション フルリフォーム。 クールでモダンな住まいが誕生。
デザインを追及した中古マンション フルリフォーム。
クールでモダンな住まいが誕生。

キッチンコーナーは、吊り戸棚など最小限のものを採用し、シンプルに設置。空調用のダクトや電気の配線などは、金属素材でカバーした上で、そのまま表に出すようにデザインしている。

キッチンコーナーや廊下へ3枚引き戸で仕切りられたリビングルーム。天井や壁のコンクリートをそのまま表に出し、床にはマーブル調のフローリングを敷設。引き戸はアルミのフレームと半透過性のアクリル板のため、陽光が、玄関や廊下へ届くようになっている。

サニタリースペースもシンプル・デザインで統一。洗面所とトイレの間には、間仕切り用のすりガラスを設置するなど、施主様の個性がうかがえます。またシンプルなユニットバス、洗濯機も同じスペースに配置しています。

リビング部分と同テイストで仕上げたクールな寝室。寝室・オープンクローゼットは完全なプライベート空間とするため、玄関からの動線をリビングと分離させています。アルミフレームとアクリル板を組み合わせた半透明の扉の向こうには、ウォークインクローゼットと洗面・トイレ・浴室が一体となったスペースがあります。

寝室の隣に設けたオープンクローゼット。生活感を出したくないというY様のために、衣類や生活用品などを全てこのクローゼットに収納できる容量を確保しました。L字型のクローゼットにはハンガーパイプをつけて、その上部には小物類をしまえるようにしました。

新宿区Y様の事例紹介

友人から朝日住宅リフォームを紹介され、マンションリフォーム、中でもスケルトンリフォームなどにノウハウがあるということで相談、提案内容や見積が納得のいくものだったのでお願いすることにしました。
最初は生活感のない部屋にしたかったのでキッチンはいらないと思っていたのですが、将来のことまで見通してキッチンをつけるよう助言をいただきました。結果として満足のいくものが完成しました。

リフォームのきっかけ
  • 中古物件を購入して自由にリフォームをしたいという思いがあった。
  • 生活感を感じさせない「シンプルで無機質な空間」にしたかった。
  • 水回りの設備に不満があった。
リフォーム箇所
リビング
キッチン
風呂
洗面
トイレ
費用
700万円
種別
マンション
築年数
30年
間取り
2DK→1LDK
工事面積
52.0m² (15.7坪)
工期
30日間
所在地
東京都
ご家族構成
本人
Before
After

2DKの間取りを大胆に変更し、広々としたLDKを創造、1LDK+ウォークインクローゼットの間取りに。

担当者のコメント
必要な最低限の機能は残しながらも、生活空間を分離できるように
することで生活間のないスペースを創出

生活感のない住まいや、クールでシンプルなデザインを求める人が少なくありません。しかし将来賃貸にするなどの計画をお考えなら、生活する上での最低限の設備を備えておかないと、デザイン優先のリフォームがが逆にネックになる可能性があるので、考慮が必要です。

Before After
Before

リビング

After

Before

リビング

After

他のマンションの
リフォームを見る
リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

ワークスペースの需要がとても高まっています。みなさんも仕事環境を見直し、集中できるワークスペースづくりをご検討してみませんか。

「ワンルーム」というと、一人暮らしの方が暮らす小さなお部屋を多くの方が想像するのではないでしょうか。今回は60㎡超え3DKのお部屋を広々としたワンルームへスケルトンリフォームした事例をご紹介します。

夜目が覚めてお手洗いに立った後、目が冴えて眠れなくなってしまったという経験はありませんか。特に高齢者は夜間に何度も目が覚めることがあります。この時に明かりを煌々と点けてしまうと、脳が刺激を受けて眠れなくなってしまうことも。リフォームの際にはそんな夜間の照明についても考慮しておくといいですね。

近年、リフォームで希望する方が多いのが「パントリー」。パントリーは「使い勝手がいい」とリフォーム後の満足度も高い人気のスペースなんです。

デザインを追及した中古マンション フルリフォーム。 クールでモダンな住まいが誕生。