愛と幸せの暮らしに

趣きある造作家具で空間をすっきりと
趣きある造作家具で空間をすっきりと

リビングダイニングに統一感のある収納を配置しました。リビング中央のガラス面には、お気に入りのリヤドロを飾れるスペースを設けました。ダイニング側は、食器類の他、パソコンやプリンターまで必要な物をしっかりと収納できます。

収納と洗面化粧台の位置を逆にし、使い勝手を良くしました。セットで揃え統一感を出しました。洗面化粧台の収納力が上がるため、既存の簡易棚は撤去し、空間に開放感を持たせました。

アクセントカラーとしてU様お好みのレッドにしました。左側には残りのスペースを利用し、キッチンに合わせて扉を塗装した造作収納を設置。幅の狭い部分ですが、手前にスライドする形にしたことで、たっぷりと収納できます。

和室は、木部を塗装し、畳・襖を張替えました。押入内部は、湿気が気になるということで、調湿建材を使用しました。

少し暗く感じた玄関は、スペースはそのままに、リビングとの間仕切りドアにガラスを入れたり、玄関扉内側や床を明るめの色にすることで、明るさを演出しました。傘も下駄箱の中に収納できるようにし、よりスッキリとした空間にしました。

東京都台東区在住U様の事例紹介

お打合せ最初から、しっかりとリフォームイメージを持っていらっしゃったU様。
とてもキレイ好きで、整理整頓されているお部屋でした。

リフォームのきっかけ
  • 収納力をUPし、物が全て納められるようにしたい
  • 部屋全体を明るくしたい
  • 生活しやすい空間にしたい
リフォーム箇所
リビング
キッチン
洗面
和室
洋室
玄関・ドア
費用
430万円
種別
マンション
築年数
30年
工事面積
50.96m²
工期
1ヶ月間
所在地
東京都
ご家族構成
ご本人
担当者のコメント
趣きある造作家具で空間をすっきりと

お打合せ最初から、しっかりとリフォームイメージを持っていらっしゃったU様。とてもキレイ好きで、整理整頓されているお部屋でした。
お持ちの家具類をほとんど処分して造作収納に全て納められるようにするということで、それぞれの物の寸法を測り、必要な場所に必要なものが、気持ちよく納まるよう、詳細な部分まで打合せを重ねました。
造作収納の扉は、ナラ材の突き板に塗装を施すことで、味わいのある落ち着いた雰囲気になりました。

押田 彩
他のマンションの
リフォームを見る
リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

ワークスペースの需要がとても高まっています。みなさんも仕事環境を見直し、集中できるワークスペースづくりをご検討してみませんか。

「ワンルーム」というと、一人暮らしの方が暮らす小さなお部屋を多くの方が想像するのではないでしょうか。今回は60㎡超え3DKのお部屋を広々としたワンルームへスケルトンリフォームした事例をご紹介します。

夜目が覚めてお手洗いに立った後、目が冴えて眠れなくなってしまったという経験はありませんか。特に高齢者は夜間に何度も目が覚めることがあります。この時に明かりを煌々と点けてしまうと、脳が刺激を受けて眠れなくなってしまうことも。リフォームの際にはそんな夜間の照明についても考慮しておくといいですね。

近年、リフォームで希望する方が多いのが「パントリー」。パントリーは「使い勝手がいい」とリフォーム後の満足度も高い人気のスペースなんです。

趣きある造作家具で空間をすっきりと