愛と幸せの暮らしに

テーマは開放感、そしてリラックスできる空間と収納力
テーマは開放感、そしてリラックスできる空間と収納力

収納力たっぷりのリビング収納、当初の予定から家具の配置を検討した結果縮小しましたが、それでも十分な大きさですね。 【商品】キュビオス〈パナソニック〉

当初のお話では、和室を洋室にしてリビングとつなげて開放感を…でしたが、提案(早乙女より)をさせていただいた「おしゃれな畳」を気に入ってもらえたことで、最初のテーマ「リゾートホテル風」から「和モダン」へ方向転換となりました。

普段は開け放されているリビングと和室の間仕切建具は、高さが240cmの4枚連動上吊り引き戸です。

そして隣り合わせの納戸の中へ、全ての扉を引き込むことで、和室の間口が全開になり、開放感たっぷりの和モダンな空間が出来上がりました。

納戸ですが、元は棚などの無い自遊空間でした。いろいろ考えましたが、棚の配置は両サイドと正面です。そして正面は2分割にして合計4分割の配置です。それら全ての棚は可動式で高さを変えられます。

照明器具選びは、オーデリック(照明器具メーカー)のショールームで選んでいただきました。和室と寝室のダウンライトの設置位置ではかなり悩みましたが、無事に良い位置へ付いたと担当者としては、ほっとしております。

TOTO自慢の節水型便器&きれい除菌水の力できれいが長持ちのウォシュレットを設置。その他、アクセサリー関係も一新しました。箱の真ん中が飾り棚の吊戸棚、先の安全を考えて手摺も設置。

シャープに仕上げたリモデルバスルームWFシリーズです。見た目ではわかりませんが、シャワーが付いているスライドバーは手摺兼用です。節水型のシャワーは使う量を35%カット。安全でECOなお風呂の出来上がりです。

LIXILのエコカラットを使用。エコカラットは「家と空気のお悩み」の解決してくれる気持ちのいい暮らしのための調湿タイル。健康にも良く、さらにお部屋に落ち着いた重厚感を与えてくれますね。

東京都江東区在住A様の事例紹介

今回の工事でのポイントは、リビングと和室の間仕切を、どう納めて開放感を出すのか、それとつながる納戸及び和室の押し入れをうまく連動させ収納力と機能性をもたせるかであったこと…に今になって気づきました。確かに苦労もしたしお金もかかりました。設備は、ユニットバス交換(TES暖房換気扇)、トイレ(便器、アクセサリー、収納棚)、食器洗い乾燥機設置、その他リビング収納家具、室内タイル張り等盛りだくさんです。

リフォームのきっかけ
  • 物件購入に伴うリフォーム
リフォーム箇所
リビング
キッチン
風呂
洗面
トイレ
和室
洋室
玄関・ドア
収納・押入
費用
499.7万円
種別
マンション
築年数
9年
間取り
3LDK
工事面積
73.2㎡
工期
20日間
所在地
東京都
ご家族構成
ご本人さま
Before
After

3LDKの間取り。間取り自体は変えていませんが、和室とリビングにつながりが生まれて一体感を感じられるようになりました。

Before After
Before

和室

After

Before

収納

After

Before

浴室

After

他のマンションの
リフォームを見る
リフォームコラム

住まいのこと、リフォームのことをもっと知ってほしいという想いで発信するリフォームコラム。
最新のリフォームトピックスやリフォームのノウハウ、
実際のリフォームで採用された素敵なアイディアなど、情報満載でお届けします。
皆さまの快適な住まいづくりのヒントになれば幸いです。

ワークスペースの需要がとても高まっています。みなさんも仕事環境を見直し、集中できるワークスペースづくりをご検討してみませんか。

「ワンルーム」というと、一人暮らしの方が暮らす小さなお部屋を多くの方が想像するのではないでしょうか。今回は60㎡超え3DKのお部屋を広々としたワンルームへスケルトンリフォームした事例をご紹介します。

夜目が覚めてお手洗いに立った後、目が冴えて眠れなくなってしまったという経験はありませんか。特に高齢者は夜間に何度も目が覚めることがあります。この時に明かりを煌々と点けてしまうと、脳が刺激を受けて眠れなくなってしまうことも。リフォームの際にはそんな夜間の照明についても考慮しておくといいですね。

近年、リフォームで希望する方が多いのが「パントリー」。パントリーは「使い勝手がいい」とリフォーム後の満足度も高い人気のスペースなんです。

テーマは開放感、そしてリラックスできる空間と収納力