愛と幸せの暮らしに

vol.23 キッチンの収納問題をすっきり解決!みんなの憧れ「パントリー」の魅力
vol.23 キッチンの収納問題をすっきり解決!みんなの憧れ「パントリー」の魅力

koyanagi

近年、リフォームで希望する方が多いのが「パントリー」。
パントリーとは食品や食器などキッチンまわりのものを収納するための空間のこと。パントリーに憧れている方も多く、「使い勝手がいい」とリフォーム後の評判もいい人気のスペースなんです。

なぜパントリーが人気なのか。

最近はキッチンとリビングダイニングが一体となった空間が一般的ですよね。以前は対面式キッチンでもキッチンとダイニングの間はそれほど大きく開けていませんでしたが、現在はキッチン上の吊戸棚をつけないお家も増えてよりオープンな空間となっています。
LDKが一体となった空間は開放的ですし、家族間のコミュニケーションも取りやすいのが魅力ですよね。
しかし一方で、キッチンが丸見えになるというデメリットがあります。

キッチンはただでさえ物が多い場所。しかもご飯やお茶となんだかんだ一日中ものを出したりしまったりします。ゴミだってたくさん出ますよね。そこを常にすっきりと綺麗に保つのはなかなか難しいもの…。
そんなときに活躍してくれるのがパントリーなのです。

パントリーにはどんなものを収納する?

〇食材
常温保存できるお野菜や乾物類、かさばるお米、飲み物のストックなどをしまう方が多いですね。最近は共働きのご家庭が多いため、食材は「週末にまとめ買い派」が増えていますが、冷蔵保存の必要がないものなら、まとめ買いした食材もたっぷり収納できます。

〇食器
毎日登場するようなレギュラー食器以外はパントリーにしまってしまうというお家も多いです。どのお家も食器棚の半分くらいはあまり使わない食器が場所を占めているのではないでしょうか。パントリーがあれば大きな食器棚は必要ないかもしれませんね。

〇調理器具
昔使っていた調理器具や季節物のキッチン小物など、使用頻度の低いものは棚の高いところに上げてしまってもいいかもしれませんね。

〇ダストボックス
オープンキッチンで丸見えになるのが嫌なものといえばゴミ箱ではないでしょうか。
今はビン・缶・ペットボトルに段ボールと分別が必要なものも多いですが、キッチンにいくつもゴミ箱を置くのは見映えが気になるという方もいるでしょう。
そんな時はパントリーにダストボックスを設けるとキッチンのゴミ置き場問題が解決しそうです。

パントリーの事例3選
キッチン横の1坪パントリー

キッチンのお隣に広さ1坪のパントリーを新設。壁に沿ってコの字型に可動棚を配置して大容量の収納力を備えました。食品や大きな調理器具を置くためのスペースとして活躍しています。

ダイニングを間仕切りパントリーに

壁付けのキッチンは収納場所が少なく、すぐ後ろのダイニングにものがあふれている状態でした。そこでダイニングスペースの一部を間仕切りパントリーをつくりました。
炊飯器やレンジなどキッチン家電を置き、キッチンの続きのようにお使いいただいているようです。

収納するだけではない、家事もできる万能空間

キッチン横の空間をたっぷりと使い、パントリー兼家事室を設けました。
可動式のオープン棚、扉付きの収納棚、引き出し式のカウンター収納…豊富な収納をご用意、食品だけでなく生活用品や書類などキッチン・リビングで必要なものを一手にしまえる仕様としました。また、収納だけではなくアイロン掛けや書き物などマルチに使えるような空間として設計しています。
リビングから少し隠れた小部屋のような趣で、奥様専用の居心地のよいスペースとなりました。

キッチンの収納にお悩みの方はぜひ一度朝日住宅リフォームにご相談ください。
使い勝手に配慮したキッチンのプランをご提案させていただきます。

リフォームのご相談や
お見積りを承ります

お電話やWeb、ご来社などお客様のご相談しやすいスタイルで、
お気軽にお問い合わせください。

東京 / 神奈川 / 埼玉

0120-459-067 0120-459-067

大阪

0120-046-946 0120-046-946

神戸

0120-444-894 0120-444-894

無料カタログプレゼント!

無料お見積り依頼

ご相談・お問い合わせ

vol.23 キッチンの収納問題をすっきり解決!みんなの憧れ「パントリー」の魅力