愛と幸せの暮らしに

受け継いだご実家のリノベーション。 思い切った空間設計で複雑な形の家を住みよく快適に
受け継いだご実家のリノベーション。
思い切った空間設計で複雑な形の家を住みよく快適に
東京都渋谷区N様の事例紹介

2200万円

ご家族構成
ご夫婦
リフォーム箇所
リビング
キッチン
風呂
洗面
トイレ
洋室
玄関・ドア
収納・押入
階段
外壁・屋根
ベランダ・バルコニー
外構・エクステリア
ピンとこなかった他社プラン、キラキラして見えた提案プラン

N様のお家は築35年の一戸建て。上から見ると矢羽根のようにも見える複雑な形状の鉄骨造の建物です。元は奥様のご実家でしたが、ご両親が他界された後ご夫婦で住むことに。
お風呂はご両親が一度リフォームをしていたため、今回はお風呂以外の部分をリフォームしようとリフォーム会社数社に見積もりを取りました。
「ただ、どの提案もピンと来なくて。というのもお風呂の位置が動かせないと間取りがどうしても限られてきてしまうんですよね。本当にこのままリフォームしてもいいのかなぁと正直気も乗らなかったんです」

最初にリフォーム会社に相談しはじめてから2年近くが経過し、リフォーム計画やリフォームに対する意欲も停滞気味になっていたといいます。そんな時に出会った朝日住宅リフォームから提案されたのは、本来お考えだった"お風呂以外をリフォームするプラン"に加えて"お風呂も交換して間取りを一から考えるプラン"でした。

「それを見た時に、そのプランがキラキラキラッと輝いて見えたんです。あぁ、決まる時ってこうやって決まるんだと思いました」と奥様はその時のことを振り返ります。
旦那様も「全てを変えるとかなり変わるんだなという印象で。他社にないプランが気に入り朝日住宅リフォームさんにお願いすることにしました」とうなずきます。

間取り変更で空間にゆとりを持たせる

朝日住宅リフォームはこれまで廊下だった部分をリビングに取り込み、広々とくつろげるLDKを提案。お風呂の位置を動かし、キッチンはご夫婦が諦めていたという対面式キッチンを叶えました。

また2部屋あった和室も位置を変更して、1部屋を洋室に、主寝室にあたるもう1部屋は畳スペースを取り入れた和洋室をつくりました。この和洋室はこれまでバルコニーだったスペースを部屋の一部にすることで主寝室の広さを確保しています。N様はこのアイディアについて「ベランダを部屋にするという発想がなかったらこのプランは成り立っていないと思うので、ここは今回のプランのポイントだったと思います」と空間の取り方に担当者の手腕が見て取れたと話します。

また、N様邸は多角形のお住まいのため、使いにくい角の部分をどう活用するかも課題でした。担当者はダイニング横の角のスペースを物置に、またもう一方の鋭角なスペースに棚板を設置しワークスペースにすることを提案。在宅でお仕事をすることも多いという旦那様の日中の定位置になっているのだそう。

お住まいがゆったりと感じるのは物があまり出ておらず空間がすっきりとしていることも理由のよう。というのも旦那様には「収納家具はあまり置きたくない」という思いがあり、しっかりと収納を設けることを希望されていました。
特に主寝室は壁2面に大型のクローゼットを設けました。もう一方の洋室は大きさ自体はそこまで大きくないものの、区切りがあり使いやすいクローゼットを設置。
「収納はこだわった部分です。2つの部屋への割り当て方などはセンチ単位で細かいところまでリクエストをしました。実際に布団をしまう際にはどう入るのか、手を入れることはできるか、そういう気になる部分も細かく見て調整してもらいました」

スタイリッシュさが光る外観デザイン

旦那様が特に気に入っているというのがお家を正面から見た時の外観デザイン。
白とグレー、ツートーンの外壁にアルミの縦格子がモダンでスタイリッシュな印象です。縦格子の内側はデッキになっており、バルコニーをなくした代わりの洗濯干しスペースとして新設したものです。

「このスペースには以前事務所が1棟建っていて、正面側はその建物の陰に隠れていたんです。でも建物を取り壊して外壁があらわになったら、すごくのっぺりとして見えたので玄関横のデザインをなんとかしたいと思いました」

旦那様はいろいろなお家を見てまわるなかで、縦スリットの壁を気に入りご自宅の外壁のアクセントとして採り入れることに。縦スリットの格子は外からの視線はカットしながらも光と風は通り抜けるため、洗濯物を干すスペースにはぴったり。デッキにはペットの亀の水槽も洗えるように、大型の流し台も設置しました。

また、玄関ドアもとても良かったと話します。「リフォーム前の玄関ドアは開き戸で、開けるとすぐに階段があったため、ドアを開け閉めするたびに体を反らせなければならず危険がありましたが、引き戸に変更したことで安全性が上がりました」

他にも採風タイプのドアにしたことで扉を閉めながらでも換気ができることや、スリット格子ともマッチしたデザインも気に入っているポイントなのだそう。
「外観については自分のイメージしていたものと提案いただいたものがうまくハマったなと思います。気にしていた部分が解消されて想像以上のものになりました」

くつろぎを演出する和モダンな内装デザイン

一方、内装は「和」の要素がそこかしこに見え隠れする和モダンな雰囲気。
例えば落ち着いた色合いでまとめられたリビング。リビングの壁とダイニングカウンター部分に使ったアクセントクロスはどちらも和紙クロスで、グレーというよりは鈍色(にびいろ)、浅鼠色(あさねずいろ)と表現した方がしっくりとくる味わい。洗面室の床には奥様が温泉旅館をイメージして選んだという籐風のフロアタイルを採用しました。

また特にこだわったというリビングの床には、くつろぎ感があり木目のきれいなオーク材の突板フローリングを採用。キッチンや廊下などは水に強い素材を選ぶなど配慮しながらも、リビングの床とテイストを揃えて統一感あるお住まいとなりました。
「異なる床材のつなぎ目のところは多少違和感が出てしまうかと思っていたのですが、きれいに納めていただきました。見切りを入れていないのに全く違和感のない仕上がりですごい技術なだと感心しました」

「当初の計画のままリフォームを進めていたら、見た目が新しくなるだけで住み心地はさほど変わらなかったかもしれない」と話すN様。全体を見直して思い切ったリフォームをしたことで、カビ臭の原因や配管面も改善することができ、快適なお住まいが実現しました。
「元の予算よりは増えてしまいましたが、朝日住宅リフォームにお願いして本当に良かったと思っています。こんな難しい形の家をよくここまで仕上げてくれました。おかげで本当に快適に暮らせています」

Before
After

2LDKの間取り。リビングを広げて水回りの位置を変更することで対面式のキッチンを実現しました。また、バルコニーだった部分を室内に取り込み主寝室の面積を確保。バルコニーは玄関横にデッキを敷き新設しました。

朝日住宅リフォームの
ここがGood!
お客様
担当者

コロナ期のリフォームだったため、はじめは工事がスムーズに進むのか多少の不安があったというN様。しかし担当者に頼もしさを感じ、安心してリフォームを進めることができたといいます。
「北村さんが終始「任せておけ」という感じだったので安心して任せられました。また一週間に一度打ち合わせの場を設けてもらって納得いくまで確認ができたので、それも安心や満足度につながりました」と旦那様。
奥様も「北村さんも澁谷さんもお2人ともとても熱心で真面目。細かい注文も随分してしまいましたがいつもすぐに対応してくださいましたし、こまめに現場に来て確認していただきました」と担当者の対応を高く評価していました。

担当者からのお礼状
お客様
担当者
リフォーム東京 北村充正・澁谷優

コロナの影響もあり、当初予定していた時期よりも遅れて対応する形になりましたが、毎日ご主人から確認事項のご連絡をいただき、1つ1つ細かいところまで確認することができ感謝しております。お家の形状が特殊だったため、デッドスペースを有効活用できるようにプランの検討をしました。女性目線、男性目線の相補があったからこそ、N様にご満足頂けるプランができたと思います。N様にはお忙しい中、毎日のように現場に足を運んで頂き、納まりの確認をして頂けたため、施工もスムーズにできました。本当にありがとうございました。

リフォームのご相談や
お見積りを承ります

お電話やWeb、ご来社などお客様のご相談しやすいスタイルで、
お気軽にお問い合わせください。

東京 / 神奈川 / 埼玉

0120-459-067 0120-459-067

大阪

0120-046-946 0120-046-946

神戸

0120-444-894 0120-444-894

無料カタログプレゼント!

無料お見積り依頼

ご相談・お問い合わせ

受け継いだご実家のリノベーション。 思い切った空間設計で複雑な形の家を住みよく快適に