愛と幸せの暮らしに

リフォームガイド
vol.4 中古住宅+リフォームをお薦めする理由
vol.4 中古住宅+リフォームをお薦めする理由
新築VS中古のメリット&デメリット

ここ数年、弊社では、中古住宅を購入して、リフォームするお客様が増えています。新築にはないメリットがあり、特に30・40代のお客様に人気です。

新築マンションの場合
○メリット
・設備、配管すべてが新しい
・耐震をはじめ最新の基準をクリアしている

●デメリット
・購入価格が高い
・部屋が新しいので、心理的に手を入れにくい

中古の場合
○メリット
・購入価格が安い
・元々古くなっているので、思い切ってリフォームできる
●デメリット
・特に配管まわりが劣化している可能性がある
・マンションの規約でリフォームが制限されている可能性がある

特に、マンションの規約は良く確認して、物件を購入する必要があります。お風呂に追い炊き機能を付けられなかったり、エアコンを設置できない部屋があったりと、リフォームする段になって、規約が問題になるケースが少なくありません。

 中古住宅を検討している方は、購入前にリフォームも視野に入れ、2つをセットで予算も物件の選択も考慮してください。同時に申請すれば、リフォーム費用にも住宅ローンを適用でき、有利な金利で借り入れできます。また、リフォームのスケジュールを計算して、お引っ越し日を決めるのも重要なポイントです。時間が足りないために、リフォームの内容に妥協せざるを得ないことも多いのです。

 その点、弊社には不動産の部門があり、リフォーム部門と密接に連携しています。両方の担当者から、計画的な提案を受けられるので、ご相談いただくメリットは大きいと思います。

一から好きなように お部屋を変えられる

個人的にも、中古住宅+リフォームは大変魅力的な選択肢だと感じています。駅近などの好条件で、新築住宅は無理でも、中古なら予算的に手の届く物件があります。買ってしまえば、大胆に間取りを変えるなど、一から自分好みに部屋を作れるのが、おもしろいところ。私自身が物件を購入する際は必ず検討しますし、家族や友人にも、ぜひ薦めたい選択肢ですね。

例えばこちらの案件 では、もともとナチュラル系の色遣いだった建物を、徹底的に白い家にしたい、とご依頼をいただきました。既にお気に入りの家具をお持ちでしたので、そちらのテイストに合わせ、お部屋をフルリフォームしました。ほか、洗面化粧台をオーダーメイドで作ったりと、大変こだわった事例です。

こちらは築22年の中古戸建てをリフォーム前提でご購入されたご夫婦のお家です。
水回り設備は一新し、タイルなど細部までこだわっています。また、内装はお持ちのアンティークや既存の建具とも馴染む落ち着いた色合いで統一。漆喰の壁や無垢の床など自然素材をとりいれ、さらに2階の床は全て奥様自らひまわりオイルの自然塗料を塗っています。「自分で塗ったことで、より自分の家になったという感じがしますね」と奥様。
「新しくした部分、既存の建具を活かした部分、照明や小物などのアンティーク品、それぞれが生み出す調和がすごく落ち着きます」とおっしゃる通り、自分たちらしい落ち着いた空間を作り出すことができました。思い切りこだわる、自分でも空間作りに参加する――リフォームのメリットが顕著に現れている事例です。

リフォームのご相談や
お見積りを承ります

お電話やWeb、ご来社などお客様のご相談しやすいスタイルで、
お気軽にお問い合わせください。

東京 / 神奈川 / 埼玉

0120-459-067 0120-459-067

大阪

0120-046-946 0120-046-946

神戸

0120-444-894 0120-444-894

無料カタログプレゼント!

無料お見積り依頼

ご相談・お問い合わせ

リフォームガイド
vol.4 中古住宅+リフォームをお薦めする理由