リフォーム体験談

リフォームサクセスストーリー

私はこうして
リフォームに成功しました。

katsushikatkdtyjinbutsu1.jpg
2017/09/12

「長く安心して暮らせる住まいを」家族の思...続きを見る

リフォームの評判 朝日住宅リフォーム お客様の声

お客さまの声

T・Y様
総合評価: 大変良い
担当者評価: 大変良い
御担当者様の説明が非常にわかり易く、大変好印象でした。 リフォーム事例等の画像...続きを見る

HOME > コラム > リフォーム箇所 > vol.11 壁紙リフォームでお部屋の印象を劇的チェンジ!

コラム

vol.11 壁紙リフォームでお部屋の印象を劇的チェンジ!

[コラム] リフォーム箇所 / [コラムニスト] Koyanagi
アクセントクロス
壁紙はお部屋の印象が劇的に変わるアイテムです。

空間の中でも壁は一番大きな面積を占める場所ですから、壁紙を変えれば間取りや設備を変えなくてもお部屋の印象をガラリと変えることができます。


お部屋毎に壁紙の色を変えてみたり、柄物の壁紙にチャレンジしてみたり、複数の壁紙を組み合わせて貼ったり…いろいろな工夫ができるのも壁紙リフォームの楽しいところ。



今回は壁紙リフォームのポイントをお話するとともに、壁紙で素敵な空間づくりをした事例をいくつかご紹介します。

まずはこちらの写真をご覧ください。

洗面室壁紙の事例

(まるでホテルのようなラグジュアリー感のあるパウダールームです。
奥のダマスク模様のクロスが空間に洗練された印象を与えています。)

このパウダールームのリフォーム前がこちら↓

洗面室壁紙のリフォーム前

リフォーム前もモダンで綺麗ですが、全然印象が違いますよね。

このリフォームでは洗面台や床などは変えていません。壁紙で全く表情が変わることがおわかりいただけたのではないでしょうか。これが壁紙リフォームの効果です。

壁紙の色は何色?


壁紙というと白をイメージされる方も多いはず。白系の壁紙は家具やインテリアのコーディネートがしやすいだけでなく、空間を明るく広く見せてくれる効果があります。ただし、広さやインテリアの色合いによってはぼやけた印象のお部屋になってしまいます。また、リフォームの際に無難に白い壁紙で統一してしまい「せっかくリフォームしたのに代り映えがしない」とガッカリしたというケースも耳にします。

逆にダークな色味の壁紙は空間を引き締めてくれます。ただ、上手く使わないと圧迫感がでてしまうため、一面だけのアクセントクロスに使ったり、天井などは淡い色を使って抜け感を出すなど工夫が必要です。

ダークな色味の壁紙

(他の壁や天井は白でまとめ、奥の壁にブルーグレーの壁紙を配しました。和室をなくしてリビングを広げたため、リビングの面積が増えましたが、濃い色の壁紙が空間の印象を引き締めてくれスッキリとした印象に仕上がっています。)

柄物の壁紙を使いたい!


最近では輸入物の壁紙やキャラクターの壁紙なども増えて、より壁紙選びの幅が広がっています。柄物の壁紙は難易度が高い印象ですが、上手く使いこなせばグンとオシャレ度がアップします。


柄物の壁紙を選ぶときは、まずお部屋の家具とテイストを揃えることが重要です。柄は一気にお部屋の雰囲気を変えますので、家具がそのテイストと合っていないとちぐはぐな印象を与えてしまいます。


また、柄の大きさと貼る面積や空間の広さとのバランスにも注意しましょう。

大柄ではっきりした色味のクロスは存在感があるため、狭い空間の全面に貼ってしまうと圧迫感を与えてしまいます。大柄の場合は貼る面積を少なくするか、淡い色合いのものにすると雰囲気よく仕上がります。

逆に小さい柄の場合は、一般的に広い空間には不向き。チカチカしてうるさい印象となってしまいます。


ここまで読んで、やっぱり柄は敷居が高いなと思った方は、「石目調」や「和紙調」「織物調」などテクスチャで表情を出すのもおすすめです。

レンガ模様の壁紙

(白い壁紙をメインに、アクセントでレンガ模様の壁紙を使いました。シックな色合いで山小屋風のかっこいい仕上がりになりました。)


トイレの壁紙

(同じお家の1階と2階のトイレです。それぞれ違う柄の壁紙を採用し、異なる雰囲気になりました。1階は暖色のボーダーで楽しい雰囲気に、2階は小花柄のクロスで可愛らしい印象です。)


「思っていたのと違う!」とならない壁紙の選び方


壁紙は本当にたくさんの色柄があり、カタログサンプルを見ているだけでもワクワクしてきます。

しかし、カタログだけで決めてしまうと「思っていたのと違う」と後悔することになりかねません。壁という大きな場所に貼るのですから、検討するときはできるだけ大きなサンプルで見るようにしましょう。そしてサンプルは実際に壁紙を貼る場所にあてて眺めてみることを推奨します。お昼の太陽光での見え方と夜の室内照明での見え方両方を確認しておくとよいでしょう。

色味は実際に貼ると薄く感じがちです。サンプルで見ていて「少し濃いかな」と思うくらいの色を選ぶとイメージに近い仕上がりとなる場合が多いです。


モスグリーンのクロス

(モスグリーンのクロスを貼りました。お客様は実際に仕上がりを見るまでは「濃すぎたかもしれない」と心配もされていたようですが、壁に貼られたクロスを見て「意外と薄く感じます。とてもいい色で気に入っています」とお喜びでした)



リフォームをする際は、色や柄のある壁紙にチャレンジしてお部屋のイメージを変えてみてはいかがでしょうか。

気に入って選んだ壁紙が壁面いっぱいに広がっている光景は、ちょっと感動するものがありますよ。


壁紙のコーディネートなども承りますので、ぜひご相談ください。

< vol10. 雨の日のジメジメを"調湿タイル"でカラリと乗り切る。  |  一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせはこちら

東京神奈川埼玉0120-459-067 神戸0120-444-894 大阪0120-046-946

このページのトップへ