リフォーム体験談

リフォームサクセスストーリー

私はこうして
リフォームに成功しました。

bunkytkymashugo1.jpg
2019/05/06

抜群のロケーションにショールームのような...続きを見る

リフォームの評判 朝日住宅リフォーム お客様の声

お客さまの声

H・T様
総合評価: 良い
担当者評価: 良い
続きを見る

HOME > コラム > 購入+リフォーム > vol16.新築・リノベーション済みの住宅を"あえてリフォームする"という選択肢

コラム

vol16.新築・リノベーション済みの住宅を"あえてリフォームする"という選択肢

[コラム] 購入+リフォーム / [コラムニスト] Koyanagi


「お家をリフォームする」というとリフォームされる家はどんな状態を思い浮かべますか?老朽化の進んだ古いお家?中古で買った前の住人の生活感が感じられるお家?
確かに、リフォームをする方の多くは、「長年住んでいるご自宅の設備や内装が古くなってきたのでリフォームをする」あるいは「中古で買った物件を自分好みにリフォームする」という方です。
しかし、「新築マンションや新築の建売一戸建てを買ってリフォームする」「購入したリノベーション済みの住宅をリフォームする」という方も意外といらっしゃいます。

「えっ!?新しくて綺麗なのにリフォームするの?なんかもったいない気がする…」
こう思った方も多いのではないでしょうか。
では皆さんどのような理由で新築・リノベーション済みのお家をリフォームされるのでしょうか。



case1:「立地優先で新築住宅を購入したが間取りが合わない」

新築のマンションや建売住宅、リノベーションしてから売り出す物件などは、万人受けしやすい一般的な間取りであることがほとんど。しかしその一般的な間取りが、自分にとって必ずしも暮らしやすい間取りとは限りません。

よくご要望としていただくのが、「リビング隣の和室をなくしてリビングのスペースを広げたい」というもの。物件の立地自体は変えられませんが、間取りはリフォームで変更することが可能ですので、立地は希望通りでも間取りが合わないため購入を躊躇している場合は、購入をして希望通りの間取りにリフォームするという方法を検討してみてはいかがでしょうか。


間取りの変更

(新築一戸建てを購入後にリフォームで間取り変更をしました。リビング隣の和室をなくし、畳や障子、間仕切り壁も取り払いリビングを広げました。押入れもクローゼットに変更しています。床材や建具はリビング部分と全く同じものを取り寄せて施工したことで、和室があったとは思えないほど統一感のある空間になりました。)


case2:「内装がシンプルで面白味がない」

建売住宅などでは壁紙はシンプルな無地の白色であることがほとんどです。ただ白いだけのお部屋はつまらないという方もいらっしゃいます。その場合は、リフォームで柄・色のある壁紙に貼替えると空間イメージがガラッと変わります。壁紙を全部貼替えなくても、各部屋の壁1面だけ替えるだけでもお部屋の印象を変えることができます。デザイン性のあるタイルを貼るのも空間のアクセントになり素敵ですよ。
壁紙の貼替えは比較的少ない費用ででき、個性を出しやすいリフォームですので、建売の住宅でも自分らしいお家にしたいという方にはオススメです。


内装を変更

(新築で購入した一戸建てのリビングはシンプルな白いクロスの単調な空間でしたが、エレガントな印象のダマスク模様のクロスを貼ったことで華やかな雰囲気となりました。他のお部屋も「海のイメージ」「モロッコのイメージ」など異なるテーマで選んだアクセントクロスを貼り、楽しい空間に仕上がっています)


case3:「設備に満足できない」「追加で付けたい設備がある」

購入した物件の設備が、シンプルな機能しか備えておらずもっと便利で機能的な設備を入れたいと思うこともあります。「お料理が好きなのでキッチンだけはグレードの高いものがいい」「購入した家のコンロはガスだけれど、ずっとIHを使っていたのでIHにしたい」「お風呂は絶対にこのメーカーがいい」など設備にこだわりがある場合は、新築やリノベーション済みで新しい設備であっても思い切って交換してしまいましょう。

設備の使い勝手はお家の暮らしやすさを左右する重要なポイントです。水回りをはじめお家の設備が使いやすくお手入れのしやすいものだと、お家の快適さがぐんとアップしますよ。


また、お客様からご相談いただく内容として、「購入したお家は収納が少ないので収納を造りたい」「置き家具では地震などが心配だから、造り付けの家具を置きたい」という収納に関するものも多いです。造作家具は壁や天井などに固定されるので災害時でも転倒の危険がなく、お住まいに合わせたぴったりサイズを造ることが可能。色や形、取っ手一つに至るまでお好みのものができるのでお部屋の統一感も取りやすいのでおすすめです。


造りつけの収納

(リフォーム済みのマンションを購入したお客様でしたが、自分たちのスタイルにあった住まいにしたいとリフォーム。リビングと洋室の間にある壁を取り払い、造作したオープン本棚を壁代わりに設置しました。本棚はリビングと洋室をゆるく仕切る役割を果たし、開放感は出しながらも視線は適度にカットしてくれています。)




新しい家をリフォームするというと、「せっかくの新築なのにリフォームなんてもったいない!」と思うかもしれませんが、これからその家に永く住むことを考えると、自分のスタイルに合わない家に住み続けているほうが、よっぽど「もったいない」かもしれませんね。

暮らしやすい住まいを求めて、新築・リノベーション済みでも“あえてリフォーム”、しませんか?

お家は新しいけれど、「もう少しこうだったらいいのにな」ということがあれば、ぜひ朝日住宅リフォームにご相談ください。

< vol15. "家事ラク"リフォーム 最新設備×動線改善で実現!  |  一覧へ戻る  |  vol.17冬のお家で突然起こる「ヒートショック」にご用心!お風呂のリフォームで安心あったかバスタイムを! >

お電話でのお問い合わせはこちら

東京神奈川埼玉0120-459-067 神戸0120-444-894 大阪0120-046-946

このページのトップへ