リフォーム体験談

リフォームサクセスストーリー

私はこうして
リフォームに成功しました。

kbyzwkamakic1.jpg
2018/11/12

リフォーム箇所の取捨選択で家族皆が暮らし...続きを見る

リフォームの評判 朝日住宅リフォーム お客様の声

お客さまの声

K・M様
総合評価: 良い
担当者評価: 大変良い
今回は大変お世話になりました。 親切で丁寧な説明で、安心・納得してリフォームを...続きを見る

リフォーム体験談

リフォームサクセスストーリー

私はこうしてリフォームに成功しました

HOME > リフォーム体験談 > フレンチモダンな空間が心地よい、開放感と空間効率をかなえた住まい

リフォーム体験談

< PrevNext > 一覧へ戻る

フレンチモダンな空間が心地よい、開放感と空間効率をかなえた住まい

chuoutksmszkiliv3.jpg

東京都中央区M様

ご家族構成
ご夫婦
リフォームした箇所
風呂 トイレ 洗面 キッチン リビング 和室・洋室 玄関・ドア 収納・押入 間取変更

新婚お2人の新居探し。心惹かれたのはあたたかみのある家

白を基調としたフレンチモダンな空間にこだわりのインテリアが並ぶ、シンプルななかにも柔らかさとぬくもりが感じられる心地よい空間。ここ中央区のマンションの一室を購入し、リフォームで素敵な空間を造り上げたのがM様ご夫婦です。
このリノベーションは奥様が物件を探していたことに端を発しているのだそう。「最初は独身時に私が自分で住むマンションを探していたのですが、その後彼と結婚をすることになり、2人で住むマンションを購入することにしました。マンション購入時には入籍はまだしていなかったので、家の方が先行でしたね」
お2人の通勤にも便利なことから、お住まい探しは元々奥様が住んでいたエリアで行うことに。いくつかのマンションを内覧したのちに出会ったのが、今のお住まいでした。立地やお部屋のサイズ感、そしてなによりマンションの持つ雰囲気がよく、一目で気に入ったといいます。「これまで見たほかのマンションはどこか冷たい感じがしましたが、ここは外観や入口、中庭をはじめマンション全体の雰囲気が本当にあたたかくて。あれから物件を見ても、ここ以上のマンションはないですね」

空間効率を重視して暮らしの間取りを再考

M様ご夫婦が今回のリフォームで最も重視したことだと話すのが、空間のスペース配分。限られたスペースを最大限に有効活用することでした。M様はリフォーム前の間取りに空間効率の悪さを感じていたのだそう。そのひとつが洗面脱衣室の入り口。「以前の間取りでは廊下の他に、キッチンの後ろにも脱衣所に繋がるドアがあったんです。ただ入口は2つもいらないのでその分を収納にしたいと思い、キッチンとの間の入り口を壁で塞ぎました。不要な入口をなくしたことで、キッチン側には冷蔵庫やカップボードを置くことができ、洗面室側にもオープン棚を造ることができました」
ほかにもダイニング側にあったワイドなキッチンカウンターをなくすことでダイニングスペースを広く使えるようにしたり、寝室とリビングの間の壁を取り払ってウォークスルークローゼットを造り回遊性を高めるなど、大きな間取り変更は行わずに出来る限り空間効率を上げられるような工夫を多く取り入れたことで、収納スペースの確保をはじめとした、ご夫婦の望む「効率的な空間の使い方」を実現しました。

リビング内の欄間で明るさと開放感を確保

M様邸は大きな開口部からたっぷりの光が入る明るいリビングと、その空間に調和した開放的なキッチンが魅力。
しかし、最初からこのようなモダンな空間イメージを思い描いていたわけではありませんでした。というのも、好きなインテリアのテイストはお2人バラバラ。無骨なインダストリアルテイストを希望していたご主人と、お姫様を連想させる可愛らしいインテリアがお好きな奥様、それぞれが全く異なるイメージを担当者に伝えていました。「そこから、担当者さんに導いてもらいながら2人で徐々にすり合わせていき、今のようなデザインに落ち着きました」
生活のメインとなるリビングは、元は和室があったスペースを繋げて広々としたリビングに。普段は一体でリビングとして使い、必要な時は仕切れるように、完全にオープンになる間仕切り引き戸を採用しました。また、間仕切りの関係上抜けない上部の壁は、欄間を設けることで一体感を高めることに。「あの欄間はすごくよかったですね。あそこの壁が抜けているだけで部屋が明るく広く見えます。黒いアイアン塗装の枠のデザインも気に入っています」

居心地の良い家で刻まれる大切な人との時間

LDKの一角にある明るく開放的なキッチンは、ご夫婦ともにお気に入りのスペース。「キッチンに立って外を見た時の抜け感がすごく気持ちよくて、気づくとキッチンに来ちゃうんです」と話すのは奥様。最初はキッチンの上部に吊戸棚が欲しいと思っていたそうですが、担当者のアドバイスにより上はフルオープンにし、視界に広がりを持たせたのが功を奏したようです。
旦那様が「効率的に出来ていて、すごく使いやすい!」と語るシステムキッチンはトクラスのもの。ショールームで見て“ドハマりして”選んだといいます。「レンジフードの形がかっこいいです。それと、こだわって付けたIHが気に入っています。いろんなモードがあって使いやすいんです」
実際にリフォームをしてから、料理をする機会が増えたそうで、ご主人が大きな魚を一匹捌いたり、鶏ガラからダシをとって料理することもあるのだそう。「前の家は、ワンルームだったこともあり、家でゆっくりしようという気になれず外食が多かったですが、今は家で料理をしたり飲んだりすることがとても楽しいです」

これから家でしたいことを尋ねると「友達を呼んでホームパーティ―がしたい」「両親との時間を作りたい」という返答が。明るく穏やかな雰囲気のこのお宅で、ご友人やご家族に囲まれて笑い合うM様ご夫婦が目に浮かびます。人とのつながりを大切にされているお2人、これからこのお家でご夫婦や大切な人との素敵な時間がたくさん刻まれていきますように。
朝日住宅リフォームのここがグット (お客様より)
朝日住宅リフォームの魅力について「勤めている人の人柄」だと話すM様ご夫婦。
「物件の購入でもリフォームでも、大手他社と比較検討をして決めたのですが、結果的に朝日さんを選ぶことにしたのは担当者の人柄がよかったからです。比較した会社の担当がドライな対応だったのに対し、仲介担当の方もリフォーム担当の方も、あたたかみがあって仕事熱心、信頼のできる方でした。仲介担当の古谷さんはこまめに連絡をくださって進捗状況を教えてくれたりと、対応に誠実さを感じ「この人から家を買いたい」と思わせてくれるような人でした。リフォームのご担当者に関しては、的確な提案をしてくれたのはもちろん、職人さんと言い合いをしてもでも仕上がりを追求する姿を見て、「本気で僕らの家のことを想ってくれているんだ」とその人情味のある仕事ぶりにグッときました。朝日さんに勤めている方の人柄が全体的にいいんでしょうね。大手に勝負できるいいポイントをいっぱい持っている会社さんだなと思います」
担当者からのお礼状
仲介担当:朝日住宅都心店 古谷 衛
M様は、私が都心店に移動して第一号のお客様であり、不動産のご購入からリフォームのお引渡しまで、約半年お付き合いさせていただきました。購入についてもリフォームについても他社とご比較されたうえで、当社をお選びいただき誠にありがとうございます。ご契約からお引渡しまでの間、途中からあだ名で呼んでいただけるほどかわいがっていただき、私にとっても、思い出深いお取引となりましたこと、心より感謝申し上げます。
リフォームされて生まれ変わった素敵なお部屋と素敵なご家族とともに、幸せを育んで、新たな生活をお楽しみください。

< 失敗を乗り越え実現!カフェ風×インダストリアル  |  一覧へ戻る  |  リフォーム箇所の取捨選択で家族皆が暮らしやすい住まい >

お電話でのお問い合わせはこちら

東京神奈川埼玉0120-459-067 神戸0120-444-894 大阪0120-046-946

このページのトップへ