HOME > リフォーム事例紹介 > 和室・洋室 リフォーム > 開放感を出すためにリビングと和室の間仕切壁を工夫

開放感を出すためにリビングと和室の間仕切壁を工夫

< 前の事例を見る  |  一覧へ戻る  |  次の事例を見る >

東京都江東区在住A様の和室・洋室リフォーム

当初は和室を洋室にしてリビングとつなげる予定でしたが、こちらのご提案を気に入っていただけ「和モダン」をテーマに和室を作り直しました。畳は縁なしの琉球畳を取り入れ、障子からカーテンに変更、押入れも容量たっぷりのクローゼットに変更しました。和室とリビングの間には高さ240cmの4枚連動の上吊り引き戸を間仕切りとしました。この引き戸は全ての扉を隣りの納戸側へ引き込めるため、開口部が全開となります。リビングとの一体感を高め、開放感を演出するための工夫の1つです。
寝室はリラックスして休んでいただける空間を意識しました。壁は一面を空気清浄効果があるタイル(エコカラット)を貼り快適性も高めました。デザイン性のあるタイルですのでお部屋の重厚感もアップしました。

リフォーム内容と費用

種別 築年数
工事面積 工期
ご家族構成 所在地
リフォーム箇所 風呂 トイレ 洗面 キッチン リビング 和室・洋室 玄関・ドア 収納・押入

お電話でのお問い合わせはこちら

東京神奈川埼玉0120-459-067 神戸0120-444-894 大阪0120-046-946
建物別で事例を見る!
箇所別で事例を見る!
テーマで事例を見る!

< 安全&エコバスルーム  |  一覧へ戻る  |  待ち望んだキッチン >

このページのトップへ