HOME > リフォーム事例紹介 > マンション リフォーム > モダンでシック。大人の品格を感じる住まい

モダンでシック。大人の品格を感じる住まい

< 前の事例を見る  |  一覧へ戻る  |  次の事例を見る >

  • 6畳の和室を撤去し、リビングダイニングを広げました。旧和室の窓廻りには、鴨居や敷居があり、畳の厚さもありました。それらを撤去しリビングダイニングを広げ、2つの空間を違和感なく一体の空間に仕上げるため、造作工事としての正確性と適切な材料の選定に気を配り施工しました。15畳超えとなったリビングは広々として、窓からたっぷりの光が入る開放感あふれる空間となりました。

  • フローリングは工事中にキズが付かないように養生をしっかり行い、全てのフローリングを遮音タイプのフローリングに貼替えました。遮音フローリングは現在多種多様な製品がありますが、各社のサンプル材を数種類取り寄せ、選定に時間をかけました。使用したのは、パナソニックのアーキスペックシリーズよりホワイトオーク色のフローリング。オーソドックスなブラウン系カラーではなく、グレイッシュでかつホワイトアイボリー色の物で、白過ぎず暗すぎない、新鮮味の感じられる仕上がりとなりました。

  • 目立ちにくいところですが、窓上部の梁とカーテンボックスが一体となるように施工しており、その仕上がり感はうまくできたところだと思います。余計な凹凸が出ずにすっきりとした印象の窓辺になりました。

  • 壁付けのI型キッチンを位置を変更せずに、機器を全て交換しました。システムキッチンはクリナップのラクエラ。本製品は従来より人気があり、機能性もよい、コストパフォーマンスに優れた製品です。扉カラーには木目柄を、キッチンパネルや床にも明るいベージュ系を選んだことで落ち着いた雰囲気のキッチンとなりました。

  • 白を基調とした空間にグレーのウォールパネルが柔らかい印象のバスルーム。ユニットバスは、TOTOのマンションリモデルWGシリーズより選定しました。1317の空間は以前よりも一回り余裕を感じます。WGシリーズは、ほっカラリ床、魔法びん浴槽、ラウンド浴槽、お掃除ラクラク鏡など高機能の特徴を数多く持ったユニットバスで、当社でも採用件数がとても多く信頼性の高い製品です。

  • 鮮やかな青緑の扉が目を引く洗面化粧台。ピーコックブルーというお色の扉をお選びいただきました。ピーコック(クジャク)の羽の明るい青緑を表現した色で、大人の遊び心を感じさせる洗面室となりました。

  • 選定した洗面台は、リクシルのピアラです。本製品の特徴は数多く有りますが、最大の特徴はつけ置き洗いのお洗濯もできて便利な大型洗面器です。また、壁付け水栓やてまなし排水口は、お手入れが楽にできるように配慮がされています。製品の寸法と納まりの関係から洗面台の左そでにキッチンパネルで作ったカウンター上の箇所は、オリジナルの工夫ポイントです。

  • トイレは、リクシルのアメージュZとシャワートイレの組み合わせで設置しました。壁排水の排水管接続に少々時間がかかりましたが、一つ一つ確認をして取付けていきました。収納については、以前は棚板一枚だけのシンプルなものでしたが、扉付きの収納を設置し、ゴチャゴチャしがちなトイレ用品が隠せるようになりました。

  • 既存の天井(梁)の高さの制限上から、巾、高さをオーダーして両側の壁ぴったりに納まるようにセットしました。既存の収納庫はセパレートタイプでしたがトールタイプとしてより多くの靴(その他)を収納できるようにしました。仕上げ材も明るい木目調のホワイトオーク柄を使用することによって玄関に立った時により明るく感じられるようにする事が出来ました。

埼玉県新座市O様

築23年のマンションを購入されたO様。リフォーム前のお部屋は6畳の和室を含む3LDKの間取りでした。前の所有者が大型犬を飼っていたこともあり、お家の中には強いペット臭が残っていました。そこで臭いを解消し、設備や内装を一新するフルリフォームを実施しました。
リビング横にあった和室を撤去し、リビングダイニングを広げ15畳超えの広々リビングの2LDKの間取りへ変更。内装は各部屋にホワイトアイボリーを基調としたグレイッシュなフローリングを貼り、設備もブラウンやグレーをセレクトするなど大人の品格がうかがえる、モダンかつシックな仕上がりのお住まいとなりました。

リフォーム内容と費用

種別 マンション 築年数 23年
工事面積 62㎡ 工期 35日間
ご家族構成 ご本人 所在地 埼玉県
リフォーム箇所 風呂 トイレ 洗面 キッチン リビング 和室・洋室 玄関・ドア

566万円

リフォームのきっかけ

新居購入に伴うリフォーム

担当者からのコメント

鹿熊 俊彦

広々リビングのフルリフォーム工事

マンションリフォームで一番件数が多いのは、築年数が20年から30年のお部屋です。前所有者は、大きな犬を飼っていらっしゃったので、工事前はかなり臭気があり、工事後に臭気がなくなるか心配でしたが、解体が終わった時点でほとんど臭いは消えていました。
リフォームのメインは、和室とリビングが並ぶ間取りを一体化して広いリビングダイニングを造るというオーソドックスなものでした。元々のお部屋の施工精度が比較的高かったので仕上がり感もよかったと思います。また、工事終盤にLAN配線の先行配線を行ったことによって、工事後にどの部屋でもパソコンをつなぐことが出来るようになりました。水廻りの機器も全て交換し、部屋全体に新しい命が吹き込まれたような感覚を感じる事ができました。お客様からも大変満足とのお言葉をいただきました。ありがとうございました。


お電話でのお問い合わせはこちら

東京神奈川埼玉0120-459-067 神戸0120-444-894 大阪0120-046-946
建物別で事例を見る!
箇所別で事例を見る!
テーマで事例を見る!

< 上質な白で統一されたフレンチエレガントな空間  |  一覧へ戻る  |  キッチンの移設で閉鎖的な空間から開放的な空間へ >

このページのトップへ