HOME > リフォーム事例紹介 > マンション リフォーム > 待ち望んだキッチン

待ち望んだキッチン

< 前の事例を見る  |  一覧へ戻る  |  次の事例を見る >

  • 既存の床はカーペットだったため、すべて撤去をし、フローリングにしました。また、リビングと旧和室を間仕切り建具で開閉できるように壁・天井・床に配慮しながら施工をしました。

  • 和室は撤去をし、LDKを広く使用できる間取りへ変更をしました。将来、間仕切り建具が設置でき、一つの部屋として使用できるように壁の厚みや電気配線を考慮し、施工を行いました。天井、壁、床、窓枠など和室のすべての商品を撤去し、リビングと一体となり広がりのある間取りとなりました。

  • キッチンはとても暗く閉鎖的だった為、正面の壁を解体した結果、リビングとキッチンが一つの空間に生まれ変わりました。商品は長い間待って頂いたTOTOのクラッソ、対面式タイプのキッチンを設置しました。新商品になってから廃番になるまで半月という短い時期にしかなかった商品の為、貴重な商品となりました。

  • 既存のカーペットを撤去し、フローリングを張りました。床の色が変わるだけでどんよりとしていた部屋が明るくなりました。

  • TOTOWFシリーズDタイプ1218サイズのユニットバスを設置しました。お風呂のサイズは以前と変わっていませんが、アクセントで一面だけでも色が入ると明るくなり、広くなった感覚になります。

  • 洗面化粧台の埋め込み収納を撤去し、TOTOオクターブ+収納たっぷりセパレートタイプのキャビネットを設置し、洗剤のストックやタオルが収納できるスペースを確保しました。

  • トイレは薄型タンクが特徴のピュアレストEXを設置。便器の色にはパステルピンクを選択し、温かみのあるやわらかい空間になりました。

  • 既存玄関の土間部分を広げる為に、洋室の建具はそのまま利用し、間仕切りの壁を解体し、玄関収納の設置場所を変え、ベビーカー等かさばる物を置いておける場所の確保が可能となりました。

東京都足立区在住A様の事例紹介

今回ショールームでお施主様が選択したキッチンが、新商品のカラー塗装の商品でした。その商品を注文しようとしている時、都内に大雪が降り、その影響でメーカーの工場の屋根が落ちてしまい工場が閉鎖に。そして更にこの災害の影響で稼働している他メーカーに注文が殺到して…という時期と重なり、注文ができないという事態になってしまいました。他社の似寄の色や仕様をご提案しましたが、その待ち望んでいるキッチンが設置できるまで待って頂けるとのことで約半年程待って頂き、施工をしました。引渡しの際、お互いに「長期間ありがとうございました」という言葉で引渡しができたこと、とても感謝しています。

リフォーム内容と費用

種別 マンション 築年数 21年
工事面積 67.3㎡ 工期 30日間
ご家族構成 ご夫婦+子ども1人 所在地 東京都
リフォーム箇所 風呂 トイレ 洗面 キッチン リビング 和室・洋室 玄関・ドア 間取変更

698万円

リフォームのきっかけ

・両親の近くに住みたい
・開放感あるリビングにしたい

担当者からのコメント

澁谷優・大坂勝政

自然災害の恐ろしさ
初めての経験

お施主様と初めてお会いをして、現地でのリフォーム打ち合わせを始めたのは3月初めでした。その後、ショールームで設備仕様が決まり、4月下旬から工事着工と思っていた矢先、大雪の影響でメーカーのキッチン工場が稼働できず、5月になっても注文ができず工事も延期。その商品の注文ができたのが7月下旬。工事が開始できたのは8月下旬でした。それまでの長期間、キッチンの注文ができるまで待ってくださったお施主様のご協力あっての工事でした。こういう事態は初めての経験なので、自然災害には太刀打ちできませんでした。


お電話でのお問い合わせはこちら

東京神奈川埼玉0120-459-067 神戸0120-444-894 大阪0120-046-946
建物別で事例を見る!
箇所別で事例を見る!
テーマで事例を見る!

< 開放感を出すためにリビングと和室の間仕切壁を工夫  |  一覧へ戻る  |  暗いキッチンからあかるいLDKに >

このページのトップへ